大阪の不動産担保ローン

不動産担保ローンとは、個人や法人が所有する不動産を担保に借り入れを行うローンのことです。不動産を担保にするのは住宅ローンと同じですが、住宅ローンの場合、借り入れの目的はマイホームの購入に限られています。
不動産担保ローンの借り入れでは、その目的に原則として制限はありません。住宅ローンと同様マイホーム購入のためでも良し、リフォーム費用に当てても良し、あるいは会社の事業資金とする、新たな不動産購入に活用する、教育資金をまかなうなど、様々な利用目的が考えられます。
大阪の金融会社は、独自の不動産担保ローンを多彩に展開しています。融資がスピーディで低金利のもの、返済期間が長いものといった、利用者にお得なローンも多く見られます。

メリット

通常のローンに比べ、低金利で借り入れできるメリットがあります。無担保のカードローンやビジネスローンの金利は、4パーセントから15パーセントと高めに設定されていますが、不動産担保ローンの平均金利は3パーセントから10パーセントです。金利が低いため、トータルの返済額は安くなります。
借り入れ金額の上限は、担保となる不動産の価値によって変わります。ちなみに、一般的なカードローンやビジネスローンの借り入れ限度額は約1,000万円です。不動産担保ローンなら、不動産の価値さえ高ければ、1億円以上の借り入れを行うことも可能です。
他のローンに比べ、返済期間が長いのもメリットの一つです。およそ10年単位のロングスパンで、返済期間が設定されています。大阪の金融会社には、30年期間のローンを提供しているところもあります。

デメリット

融資が実行されるまで、若干時間がかかります。不動産の価値を査定するには、相応の時間が必要です。利用に際し、最低1週間ほど待てるような猶予をもうけておきましょう。融資金額の大きさに審査期間は比例します。
別途手数料が発生するデメリットもあります。利息の高さはともかく、カードローンやキャッシングに手数料はありませんが、不動産担保ローンの場合、借り入れ金額に応じて諸費用がかかり、支払金額に上乗せされます。事務手数料や印紙代をはじめ、不動産鑑定費用、抵当権・根抵当権の登記費用など、10万円単位の手数料がかかるケースもあります。もし借り入れ金額が少なければ、差し引き高金利のローンと支払総額が同じくらいになってしまうおそれがあります。
また、長期間の返済は、月々の支払金額を低く抑えられるいっぽう、利息を多く払うことになります。不動産担保ローンをうまく利用するには、こうしたメリットデメリットをしっかりふまえることが大切です。

神戸・大阪で不動産担保ローンやビジネスローン、事業融資を中心に事業を展開しています。 営業時間は平日9時から18時です。 神戸で創業20年以上のの実績で不動産担保ローンやビジネスローンを中心に展開をしています。 各種ローンの相談をフリーダイヤル若しくはWebからのご相談をお伺い致します。 各種ローンの取り組み。 関西・関東を中心に全国対応いたします。 不動産担保ローンを大阪でお考えの方はリュウプランニング

ピックアップ記事

大阪の不動産担保ローンのリファイナンス

少しでも良い条件で大阪の不動産担保ローンを利用するには、いくつかの方法が考えられます。ローンの仕組みを知っておけば、負担をおさえた借り入れができます。ローンをいったん完済し、新規にローンを組むことをリ...

大阪の不動産担保ローンの担保と抵当とは

不動産担保ローンの手続きの一つに、抵当権・根抵当権の登記があります。抵当権とは、借り入れ側がローンを返済できないとき、担保となっている不動産を売却し、貸し付け側が優先的に返済金額をまかなうことができる...

土地評価が重要な大阪の不動産担保ローン

大阪の不動産担保ローンで、もっとも重要なのは不動産の担保価値です。不動産の担保価値は、公的な土地評価である時価、公示価格、路線価、固定資産税評価額などを用いて測定されます。それぞれ価格を公表する機関や...

審査基準を知っておきたい大阪の不動産担保ローン

不動産担保ローンの審査基準は、貸倒れのおそれの有無に重きが置かれます。特に大阪では、不動産の担保価値と借り入れを行う人の信用力が、審査の大きなポイントになります。一物四価という言葉をご存知でしょうか。...