期間従業員は工場などで、期限付きで働く契約社員のことです。期間工とも言います。専門的な知識や資格が必要とされることはほとんど無いため、とりあえず働いてみたい、工場系の仕事を経験してみたいと考えている方には向いている仕事です。期間従業員ならではの利点として、派遣社員などと違い、派遣会社を通さず企業からの直接雇用となるという点が挙げられます。仲介料のマージンを取られることがない分手取りが多く、福利厚生の面でも充実しています。また場合によっては会社が生活費を負担してくれることもあり、手っ取り早くお金を貯めたいという方にもぴったりです。大手自動車メーカーも頻繁に求人を出していますので、時宜が合えば好条件で働くことが出来るでしょう。ここではそんな期間従業員の求人の探し方について分かりやすく説明します。

具体的な期間従業員の求人の探し方

期間従業員の求人は一般的な求人情報と同様、情報誌やハローワークなどで見付けることが出来ます。企業が自ら広告を出していることもありますので、是非ここで働きたい!という憧れの会社があるのであれば、その企業の採用情報をこまめにチェックしてみるもいいでしょう。また、求人サイトを使うという手もあります。求人サイトの中でも工場系の仕事に特化したサイトは期間従業員の募集も多く出ており、おすすめです。希望の条件を登録しておき、気になる求人があれば応募してみるという方法もいいでしょう。すぐにでも働きたいという方は、寮付の求人を狙ってみましょう。期間従業員のために家具家電付きの寮を用意している企業もあり、文字通り身一つで仕事を始めることが出来るのです。中には福利厚生の一環として家賃や光熱費、水道代などの生活費を無料にしているところも存在します。

期間従業員として求人で採用されるには

では期間従業員として採用されるにはどうしたらいいのでしょう。期間工の仕事は学歴や経験を問わないことが多く、これという準備は必要ありません。整容規定もそれほど厳しくなく、選考会も私服可とされている場合が少なくありません。期間従業員として働くにあたって重要視されるのは健康状態です。初心者なのにいきなり無茶な仕事を振られる、ということはまず無いと考えて差し支えませんが、デスクワークに比べると体力を要する仕事が多くなります。そのため、企業によっては選考時に健康診断を設けています。気になることがあれば、自分のためにも先に病院を受診しておくべきでしょう。逆に言えば健康で体力に自信があるという方には適職です。あとは最低限の礼節とやる気があれば期間従業員として働く準備はOKです。自分に合った方法で期間従業員の求人を探してみましょう。