大阪の不動産担保ローンのリファイナンス

少しでも良い条件で大阪の不動産担保ローンを利用するには、いくつかの方法が考えられます。ローンの仕組みを知っておけば、負担をおさえた借り入れができます。
ローンをいったん完済し、新規にローンを組むことをリファイナンスといいます。負債を新たな負債として組み換え、返済方法や利息の見直しと変更を行います。おもに住宅ローンの借り換えに用いられる方法です。不動産投資事業にも活用されます。金利が下がったときや、返済期間を短縮したいとき、あるいはその反対に延長したいとき、複数あるローンを一つにまとめたいときなど、リファイナンスを行って負債の軽減をはかります。
ローンの完済は、自己資金ではなく手続きによって行われます。各種手続きにはコストがかかりますが、必ずしも現金を要しません。住宅ローンや不動産担保ローンを最初に組んだときと、同等の費用と考えておけばよいでしょう。

ホームエクイティローン

リファイナンスは、不動産の価値が変動することに着目し、アメリカの金融業界で構築された手法です。住宅価格の高騰をうけ、2000年代前半頃さかんに行われました。
担保とする不動産が値上がりすれば、評価額をもとに借り入れした金額との間に差額が生じます。そこで、この差額を担保に、新たな借り入れを行うローンが開発されました。差額分をホームエクイティということから、差額を担保とするローンをホームエクイティローンと呼びます。新しく開発されたこのローンは、既にある担保物件のため、通常のローンより低い金利で借り入れを行うことができ、自由な使途設定と、まとまった資金調達を実現しました。まさに不動産担保ローンと同じ仕組みです。ホームエクイティローンは不動産担保ローンの一つであり、差額が大きければ大きいほど、利用者に利益をもたらします。

メリットデメリットのまとめ

不動産を担保に借り入れを行う不動産担保ローンは、担保の価値と借り入れ人の信用力に応じた融資を受けられます。大阪の金融会社に豊富なプランが見られ、利用者の数も増加しています。
大阪の不動産担保ローンのメリットは、大きな金額の融資を低金利で長期間受けられる点にあります。月々の返済額や返済総額を安くおさえ、事業性資金に当てたり、複数のローンをまとめるリファイナンスに利用することもできます。
デメリットは、審査と融資に時間がかかり、事務手数料などの費用が別途発生することです。万が一ローンを返済できないときは、担保とした不動産を失ってしまいます。担保物件の価値が借り入れ時より上がれば、リファイナンスに効果的ですが、価値が下落すれば、追加担保などを必要とする場合があります。

ピックアップ記事

大阪の不動産担保ローンのリファイナンス

少しでも良い条件で大阪の不動産担保ローンを利用するには、いくつかの方法が考えられます。ローンの仕組みを知っておけば、負担をおさえた借り入れができます。ローンをいったん完済し、新規にローンを組むことをリ...

大阪の不動産担保ローンの担保と抵当とは

不動産担保ローンの手続きの一つに、抵当権・根抵当権の登記があります。抵当権とは、借り入れ側がローンを返済できないとき、担保となっている不動産を売却し、貸し付け側が優先的に返済金額をまかなうことができる...

土地評価が重要な大阪の不動産担保ローン

大阪の不動産担保ローンで、もっとも重要なのは不動産の担保価値です。不動産の担保価値は、公的な土地評価である時価、公示価格、路線価、固定資産税評価額などを用いて測定されます。それぞれ価格を公表する機関や...

審査基準を知っておきたい大阪の不動産担保ローン

不動産担保ローンの審査基準は、貸倒れのおそれの有無に重きが置かれます。特に大阪では、不動産の担保価値と借り入れを行う人の信用力が、審査の大きなポイントになります。一物四価という言葉をご存知でしょうか。...